ブログ

子どもの進学と必要学習費

学習費はどのくらいかかる?

「学習費」とは学校教育費・学校給食費・学校外活動費の総額をいい、子供の教育にかかる費用の指針となっている金額です。

幼稚園から高校卒業までにかかる費用

3歳から幼稚園に通ったと仮定し、小学校・中学校・高校と通学して卒業するまでの15年間でかかる学習費は、約500万円といわれています(全て公立に通った場合)。

幼稚園・小学校・中学校・高等学校のなかで私立の割合が増えればその分だけ学習費も上がることになります。

幼稚園

公立幼稚園における学習費は年間約22万2千円、私立幼稚園における学習費は約49万8千円となっており、約2.2倍の開きがあることがわかります。

 この金額差は主に学校教育費、なかでも授業料・学校納付金・学用品購入費によって生じています。

小学校

小学校の学習費については公立校が年間約32万2千円、私立校が約153万6千円となっており、その差は約4.8倍と幼稚園の倍以上にも上っています。

これが6年間ですから、私立の小学校に進学を検討している場合は1000万円は必要になる。

中学校

中学校では、公立校で約48万2千円、私立校で約133万9千円の学習費がかかる。

小学校時点よりも公立・私立の学習費の差は小さくなっている。

また3年間なので、中学入学時点から私学を検討される方は多いのではないでしょうか。

高等学校


義務教育を終えてからの進学となる高等学校で必要な学習費は、公立校約41万円、私立校約99万5千円。

高等学校になると給食のある学校はほぼないので、この数値は学校教育費・学校外活動費の合計金額の差ということになります。

自治体によっては私学への進学に補助金が支給されるところもありますので、利用を検討されるといいと思います。

大学

大学についても幼稚園から高等学校と同様で、公立より私立の方が授業料・入学料ともに高額です。加えて、私立の大学に通うと「施設整備費」という費用を徴収されるため、その分も追加でお金がかかることになります。

1年間あたりの学費で比較すると、文系比較するとで公立大学が約75万円、私立大学が約130万円と、倍近い開きがあることがわかります。

理系であれさらに公立と私立の差が開きます。

浪人・留年・大学院への進学などをする場合は、さらに金額が上乗せされることになります。

また、子供が進学のために一人暮らしを始めることになった場合は、引っ越し費用・家具の購入費用・敷金や礼金・家賃・仕送りなどの費用がプラスされることも考える必要があります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る