積立投資

月額1万円投資「ニッセイ宇宙関連グローバルファンド」

「ニッセイ宇宙関連グローバルファンド」に月額1万円づつ積立投資を行なっています。

ドルコスト平均法で、価格が低いときは数量がたくさん買えて、価格が高いときは少なく買うことで平均買い単価を下げることができるはずですが・・・

自腹で確認します!!

ニッセイ宇宙関連グローバル株式ファンド(資産成長型・為替ヘッジなし)はニッセイアセットマネージメントが運用するファンド。

世界各国の宇宙関連企業に投資しています。

ロケットや人工衛星の製造・打上げ・運用等に関する事業を展開する企業、衛星データ等を活用して事業を展開する企業などこれから成長が期待できる企業へ投資しています。

今後期待できる夢のあるファンドですね。

個人ではなかなか投資が難しい宇宙関連企業へ投資できることが魅力です。

積立23回目、2021年7月の実績は!

累計購入口数(a) 176950口
累計購入金額(b) 230,000円
平均購入単価 12,583円
投信現在価格(c) 16,376円
現在評価額(a)✕(c) 289,773円
含み損益額 59,773円
含み損益率 126%

23回目の買付終了、相場全体の好調を受けて順調に推移。

含み損益率で126%となっています。先月よりも3ポイントアップ

宇宙開発も足踏み状態が続いていましたが、資金が入りだすと大きく動きますね。

今後がとても楽しみです!

現在の基準価格は2021年7月15日の数値です

「ニッセイ宇宙関連グローバルファンド」買付の推移

約定日 買付口数 単価(c)
1 20190903 8512 11380
2 20191002 8457 11448
3 20191105 8126 11913
4 20191203 7946 12184
5 20200107 7802 12409
6 20200204 7612 12719
7 20200303 8051 12024
8 20200408 10199 9492
9 20200507 8988 10769
10 20200602 8401 11522
11 20200702 8236 11753
12 20200802 7880 12284
13 20200902 7587 12758
14 20201001 7767 12463
15 20201104 7757 12479
16 20201202 7285 13287
17 20210105 7361 13150
18 20210202 7153 13532
19 20210302 6899 14030
20 20210402 6429 15056
21 20210507 6310 15340
22 20210602 6284 15402
23 20210702 5908 16382

グラフの赤の横線が平均買い単価

グラフの緑の横線が現在の価格

急落時に多く買えています!

基準価格も順調に上げてます!!

「ニッセイ宇宙関連グローバルファンド」の商品説明

ファンドの目的

「ニッセイ宇宙関連グローバル株式マザーファンド」への投資を通じ、日本を含む世界各国の株式を実質的な主要投資対象とし、信託財産の中長期的な成長を図ることを目標に運用を行います。

ファンドの特色

  1. 日本を含む世界各国の宇宙関連企業の株式に投資を行います。
  2. 当ファンドにおける宇宙関連企業には、ロケットや人工衛星の製造・打上げ・運用等に関する事業を展開する企業、衛星データ等を活用して事業を展開する企業などがあります。
  3. 為替ヘッジの有無により、<為替ヘッジあり>、<為替ヘッジなし>が選択できます
  4. 年1回の決算時(10月25日(休業日の場合は翌営業日))に分配金額を決定します

宇宙開発は成長が期待できる分野ですね。個人ではなかなか投資が難しいので専門家の運用にまかせます!

積立投資を行うことで、リスクを分散し、基準価格が下がったときに多くの口数が買えるのは魅力的ですね