ブログ

ペット保険は必要??

ペットは治療費が高額

ペットがケガをしたり病気になって診察を受けたときに、高額の治療費がかかります。

ペットには保険がききませんから治療内容によっては高額の請求となる場合があります。

そのような出費に備えてペット保険があります。

どんなときに高額の治療費を払わなければならないのか、ペット保険に入ることによってどれだけ負担が軽くなるのかをご説明します。

一般社団法人ペットフード協会の「全国犬猫飼育実態調査」によれば、全国の犬の飼育頭数は約992万頭、猫の飼育頭数は約987万頭で、犬猫合計では約1,979万頭(2015年10月現在)にも達しています。

ペットを飼う人は年々増える傾向にあると思います。

犬や猫も人間と同じようにケガをしたり病気になったりすることもあります。骨折したり、ガンや糖尿病にかかってしまうこともあるのです。

ペットの治療費には保険がききません。人間の健康保険と同じような感覚でいると、診察後に高額の治療費を請求されて驚くことになってしまいます。

年間の治療費は都道府県で差があるようですが、東京都では年間10万円を超える金額となっているようです。

手術や入院をする場合に、支払いが総じて高額になる傾向にあります。

 「アニコム家庭どうぶつ白書」によれば、たとえば動物1頭あたりの骨折の年間診療費は約84,326円となっていますが、骨折して一回手術をする場合は約267,840円。ちなみに内訳は

初診料 1,620円

入院料(7日間) 68,040円

点滴 21,060円

血液検査 21,960円

レントゲン 11,880円

注射料 8,640円

麻酔 14,040円

手術 129,600円

と、健康保険で補填される人間と比べて高額となることがわかります。

 また犬の場合であれば、骨折による入院日数は年間平均7.9日、通院日数は5.6日となっており、入院費や通院費の負担も避けられません。去勢手術や避妊手術を行う場合も当然ながら費用がかかります。

ペット保険に入るメリットは?

ペット保険とは、ペットの診療費の一部を補償してくれる保険です。主に損害保険会社や少額短期保険会社で取り扱っています。ペット保険に加入するメリットには、以下のようなものがあります。

少しの保険料負担で、ペットにかかる治療費の負担額を抑えることができる。
費用を気にせずしっかりした治療を受けさせることができる。
入院、通院、手術などの基本保障に加え、特約をつけることで補償範囲を広げることができる。

注意点としては

加入できる動物は通常、犬と猫のみで、加入できる年齢には制限がある。

ペット保険加入には年齢制限がある

また一般的に、保険料はペットの年齢が高くなれば上がります。
また、保険会社によっては年齢制限がありますので、保険が必要な高齢化したときの負担が大きくなります。
加入は健康体であることが条件。また、ケガや病気等の過去の履歴によっては加入できないこともある。
保険金が支払われない場合もある。(たとえば健康診断費用や既往症、先天性異常、ワクチン等の予防措置により予防できる病気、妊娠・出産やそれらに伴うケガや病気の場合など)

正確な告知が必要になります。

新しい保険が各社から販売されていますから比較検討して加入を考えれれるとよいでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る